サンデーメカニックshimoのDIY

おじさんにも出来たDIY

ルーフボックスの取り付け、自分でやろうか-サンメカshimoのDIY

ルーフボックスの取り付けを自分でやってみる

 

一点だけ注意が

サンメカshimoです

この時期、旅行やキャンプ、釣りなどで移動に荷物が増える事が多くなります。

冬にはスキーもあり、荷室が小さなファミリーカーにはルーフボックスが重宝します。

特に濡れ物や汚れ物は車内に入れたくないですからね。

取り付けは単純ですが

まず、ベースキャリアを装備します。車種別のアタッチメントで取り付けます。

左右均等にシッカリと取り付けて下さい。

f:id:shimoten:20180826003303j:plain

さて、実は一番大変なのはルーフボックスを屋根に乗せる作業です。

これを一人でうまく持ち上げて乗せる事は大変です。

本体の重量は20kg前後ありますし、長くてバランスが取りにくいので苦労します。

体を痛めてしまうことや、フラついて車体に傷を付ける危険もありますので、出来れば二人以上で乗せて下さい。

f:id:shimoten:20180826004721p:plain

本体をベースキャリアに乗せたら、下部に設置されているレールに取付金具(クランプ)を通していきます。

f:id:shimoten:20180826004931j:plain

f:id:shimoten:20180826005053j:plainf:id:shimoten:20180826005316j:plain

レールの前後の開口部から締め付けネジ、取付クランプをはめ込んでいきます。

ベースバーの部分は少し持ち上げて通過させます。

ルーフボックスの位置を決めて固定

ルールボックスの位置は走行時の抵抗や安定性、風きり音に影響します。

f:id:shimoten:20180826003017p:plain画像がピンボケ_| ̄|○

正面から見て真直ぐに、車体のなるべく中心(荷物が取り出せる範囲)に、後部がバックドアの開閉に支障の無い(当たらない)位置に決めます。

f:id:shimoten:20180826005556j:plainf:id:shimoten:20180826005628j:plain

位置が決まったら4箇所の取付クランプを、六角レンチを使って均等に締めこんでシッカリ固定します。狭くて工具を回しにくいですが、万一外れてしまうと大きな事故につながってしまいますので、くれぐれも締め忘れの無いようにして下さい。

by サンデーメカニックshimo

shimoten.hateblo.jp