サンデーメカニックshimoのDIY

おじさんにも出来たDIY

ママチャリ自転車の後輪タイヤ交換、自分で出来るか-サンメカshimoのDIY

自転車(ママチャリ)のタイヤ交換:後輪

 

サンメカshimoです

車と同じで前輪はまだ大丈夫なのに、駆動力のかかる後輪はツルツルに磨耗してしまった。偶然寄ったリサイクルショップに、サイズがピッタリのタイヤがあったので購入し、交換作業にチャレンジ!

f:id:shimoten:20180811223340j:plainf:id:shimoten:20180811223549j:plain

 

 用意した工具と資材

8mm、10mmスバナ、モンキーレンチ、ペンチ、タイヤレバー、虫ゴム、空気入れ、手袋

f:id:shimoten:20180811224152j:plain 

 事前準備

タイヤサイズの確認

タイヤのサイドウォール(側面)に記載されています。ウチのは「26x13/8」です。

パーツの取り付け順番の確認

スタンドや変速機、ナットやワッシャ等、複数のパーツが組んであるので、画像を撮っておくか、しっかり覚えておきます。

自転車やバイク用の、車体を浮かせて保持できる作業センタースタントが本当は必要だと思います。所持してないので、横倒しでの作業となりました。

f:id:shimoten:20180811224634j:plain

交換作業

 フレーキを外す

ブレーキ本体とワイヤーを固定しているナットを外します。ブレーキワイヤーの端に被せてあるホツレ防止の金属も外したいのですが、準備してなかったので今回は外さずに作業します。

f:id:shimoten:20180812124720p:plainf:id:shimoten:20180811225244j:plain

  主軸のナットを外す

このナットは結構キツく締めてあり、サイズが車いじりで使う12mmや14mmではないので、モンキーレンチを使いました。

各パーツを外す

泥除けやセンタースタンド、カゴ等を外側へ広げて外します。センタースタントを外し、自立出来ないので当然、横倒しで作業を進めます。傷が付くなど多くのリスクがあるのは覚悟しましょう。

 チェーンを外す

 チェーンをマイナスドライバーを使って、持ち上げるようにしてギアから外します。オイル汚れに注意して、チェーンは地面に着かないように工夫します。

f:id:shimoten:20180811230216j:plainf:id:shimoten:20180811230349j:plain

 車輪を外す

 車輪を後方へ引っ張って車体と車軸の隙間からチェーンを外して、車体から外します。

f:id:shimoten:20180811230503j:plain

 タイヤ交換

 タイヤを外す

 キャップ、バルブ(虫)、根元のナットを外し空気を抜く。

タイヤレバーをタイヤとリムの間に差し込み、テコの要領で少しずつ位置を変えて外側へ外していく。片面が外れたところで、バルブ部分からチューブを取り外す。

残りの片面もリムから外し、タイヤを外す。

f:id:shimoten:20180811230629j:plainf:id:shimoten:20180811230715j:plain

f:id:shimoten:20180811230850j:plainf:id:shimoten:20180811231148j:plain

新しいタイヤをはめる

はめ込みは、逆の手順で行っていく。

チューブも一緒に交換するのが理想です。交換しない場合は、空気漏れのチェックをする。

タイヤの片側をリムにはめ、チューブのバルブをリム穴に入れ、ずれないようにナットで仮止めし、もう片側をリムに落とし込んでタイヤを組み付ける。軽く空気を入れ、タイヤにある細いラインと、リムが同心円で偏りがない事を確認する。

f:id:shimoten:20180811231319j:plainf:id:shimoten:20180811231553j:plain

組み付け

後は外してきた逆の順番でタイヤ、チェーン、ワッシャ、スタンド等を取り付け、ナットを締め付ける。

ムシのチューブを新品に取替え、バルブのナットを締め付け、空気圧の調整をする。

最後にブレーキを組み付け、効き具合とレバーの握り具合をワイヤーの長さで調整する。

f:id:shimoten:20180811231656j:plainf:id:shimoten:20180811231735j:plain

 

参考記事ですので、作業をされる方はすべて自己責任です。
細かく書いてしまいましたが、お役に立てれば幸いです。

by サンデーメカニックshimo