サンデーメカニックshimoのDIY

おじさんにも出来たDIY

日常の便利スクーター アクシストリート

メルカリで購入したスクーター「YAMAHA アクシストリート」

サンメカshimoです

日常のアシとして活躍してくれているのがメルカリで購入した、YAMAHAの125ccスクーター「アクシス トリート」です。


f:id:shimoten:20181108114722j:image

車弄りをしていると、作業中にネジが折れたり、テープが無くなったりと足りない部品を買いに行かなければならない事態に陥ることが度々あります。そんな時にウルトラセブンが持っていたカプセル怪獣「ウインダム」のように助っ人としても活躍しています。


f:id:shimoten:20181108120039j:image

関係無いのですがウルトラセブンには、あと2体カプセル怪獣が出てきましたがわかりますか?答えは後程(笑)

 

 

125ccはメリット沢山

自転車代わりのスクーターは50ccの原付でも良かったのですが、免許を持っていたこともあり、沢山のメリットがある125ccにしました。

原付との違い

今さらなので細かくは書きませんが以下が原付との違い、メリットです。

  1. 法定最高速度が50ccが30km/hであるのに対し、125ccは60km/h
  2. 2段階右折不要で、125ccなら自動車と同じ右折方法が可能。
  3. 125ccは二人乗りが可能。
  4. 50ccと同様で車検無し、自賠責保険も2年間で50ccと同金額。また、乗用車の任意保険に加入の場合、ファミリーバイク特約に加入出来る

何故アクシストリート


f:id:shimoten:20181108114841j:image

以上のようにメリットも多く、人気のある125ccは「シグナス」や「PCX」「アドレス」「リード」等がありますが敢えてアクシストリートです。

理由は簡単、地味だからです。ともかく目立たないところが良いのです。ナンバープレートの色(ピンク)を見なければ原付と見間違う程のスタイリングは、駐輪場の端に自転車と一緒に停まっていれば誰も気にする人もいない位です。更に、このライトブルーの車体が地味さを一層引き立てます。

つまり、イタズラされにくいのです!

加えて、シートは厚くてお尻に優しく、ステップ(足元)広々で楽々、シート下のトランクスペースは22Lと大きめで重宝します。コンビニフック、フロントポケット、ペットボトルホルダー、更に荷台も付いていて収納には困りませんが、リアボックスも追加して万全です。

やっぱり便利なスクーター


f:id:shimoten:20181108114906j:image

相棒のアクシストリートは中古車ですからメンテナンスは必須科目ですが、マイナーバイク故に購入価格も安く手に入りました。大きめのステップに米や灯油を積んだり、塾や駅への送り迎えに気軽に出動することが出来る日常便利スクーターの「アクシストリート」です。


f:id:shimoten:20181108120213j:image
f:id:shimoten:20181108120345j:image

ウルトラセブンカプセル怪獣は他にはブッファローに似た「ミクラス」とトリケラトプスのような「アギラ」でした。

ネオライダース (NEO-RIDERS) SY-5 オープンフェイス シールド付 ジェット ヘルメット マットブラック

by サンデーメカニックshimo

shimoten.hateblo.jp