サンメカshimoの日記

ど素人でどこまで出来るのか?サンデーメカニックのシモテンが挑戦するDIYと日常

自分でやっちまえ!後付けバックカメラの取り付け方法

後付けバックカメラの取り付け

シモテンです

バックカメラを後付けする!自分で取り付ける方法】を紹介する

 新車購入時に、カーナビゲーションとセットで頼むことが増えたバックカメラ

年式の古い車では、バックカメラを取り付けていないことも多い

車の購入時には取り付けなかった場合でも、バックカメラは後付けで取り付けることが可能だ

f:id:shimoten:20200911231826j:plain

後退時には威力を発揮

後退時には目視で安全確認はするのですが、それでも見落としてしまうことや、実際にバックする時に状況が変わってしまうこともある

背の低いポールや小さな障害物に気づかずに、バックしてリアバンパーを凹ませてしまった車であろう車も時たま見かける

また、バックする直前に人や自転車が入り込んで来ることも考えられる

広角レンズを持つバックカメラは予想以上の広範囲をモニターに映し出すことが出来る

夜間の映像も非常に明るく、実際の目視よりも見えやすくなっているのだ

また、画面に駐車位置のガイドラインを映し出す機能もあり、駐車の際に目安として結構重宝する

 f:id:shimoten:20180916201634j:plain

 

取り付け位置

バックカメラを取り付ける場所は車種によって様々だ

リアウイングの下、バックドアやトランク、そのハンドル部分等に取り付け可能な場所があるが、勿論、メーカーが考えた純正での取り付け位置が理想的だ

f:id:shimoten:20180916201930j:plain

ZCTの場合は、リアバンパーのナンバープレート上部にあるナンバー照明灯の横に設置することにした

トヨタZCTの純正オプションでは、バックカメラ設置専用の形状をしたナンバー照明灯があるのだ

汎用品は純正と同じ形状ではないので一体的な綺麗な取付とはならないが、その近くに設置することが最適だろう

 

 取り付け作業

f:id:shimoten:20180916001040j:plainf:id:shimoten:20180916001228j:plain

Amazonで購入したバックカメラは、軽量&コンパクト、さらに激安で、機能するのか心配になるくらいだ

まぁ、ちゃんと映って安心するのだが

バックカメラは、リアバンパーに両面テープとネジ2本で固定するようになっている

配線の引き込み時に無理な負担が係らないように、バンパーに通り道となる溝を切っておく

車内への引き込みは照明灯の配線に従い、リアバンパーの中を通してトランクルーム底部のグロメットを通して車内へ導く

リアバンパーを外せば作業は楽なのだが、面倒臭かったので、針金を使ってバンパーを外さないで済む方法をとった

グロメットの穴から針金を通して照明灯のところまで届かせることが出来れば、針金をガイドとして配線をバンパーの中を通してグロメットから車内に引き込むことが可能なのだ

 

室内への引き込み口

室内への引き込み口であるグロメットはトランクボードを外した奥のほうにある

f:id:shimoten:20180916002404j:plain

 

トランクボードを取外し、ラゲッジスカッフプレートを下から持ち上げるようにして4個所のクリップを外す

f:id:shimoten:20180916002545j:plainf:id:shimoten:20180916002635j:plain

 

工具ケースは2個所のネジで留まっていますので、これを外す

グロメットから引き込んだ配線は、室内でも照明灯の配線に結束しながら前方へ引っ張って行けばよい

f:id:shimoten:20180916211047j:plainf:id:shimoten:20180916211131j:plain

 

 前方への配線回し

グロメットから引き込んだ配線は、後部座席の横を通していく

前後のステップガードを、裏側のツメを折らないように一度外側に開く様にして外し、次に上方に引っ張って外していく

ステップの内側には既に多数の配線が通っている

ステップガードを戻した時に、配線がはめ込み部に挟まったり支障の無いように工夫しながら既存の配線に結束していく

グローブボックスの裏側を通してセンターパネル裏に通していく

グローブボックスは頻繁に開閉を行うので、配線が引っかかったり、潰されたりしないように既存の配線にシッカリと結束することが大事だ

f:id:shimoten:20180916211417j:plainf:id:shimoten:20180916211506j:plain

 RCA変換アダプター 

愛車のナビゲーションは「パナソニック製」だ

汎用のバックカメラは一般的なRCA(コンポジット映像:黄色)接続のために、ナビゲーションによっては変換アダプターが必要になるので予め用意しておこう

装着しているパナソニックのナビゲーションには形状を変換するアダプターが必要だった

ナビゲーションを一度取外し、変換アダプターを接続してナビゲーションの所定のコネクターに接続して配線は完了だ

f:id:shimoten:20180916212458j:plainf:id:shimoten:20180916213531j:plain

 

 正像、鏡像、ガイドラインの設定 

配線の接続が完了したらバックカメラの設定を行う

今回の圧付けバックカメラには正像、鏡像の切り替えが配線を切断することで行える機能がある

簡単に言うと、バックミラーに映る景色が鏡像(左右が逆に見える)なので、通常は鏡像が違和感の無い設定になる

また、ガイドラインの表示、非表示の切り替えも配線を切断することで選択できる機能がある

配線の切断によって選択する後付けバックカメラの場合は、必ず断線する前に実際にモニターに映した画像を自分で確認して欲しい

切断してしまうと元に戻せませんからー!

(半田付けすれば元に戻せるかもしれないが、不明)

鏡像、ガイドライン表示の設定が無難な選択だ

f:id:shimoten:20180916214211j:plain

カメラ位置の調整

カメラの設定が完了したら、最後にカメラの左右上下の角度を調整する

モニターを見ながらの微妙な調整になるので、誰かにアシストしてもらい二人でカメラ位置の調整作業をすると良いだろう

↓ランキングに参加中。ポチクリ応援お願いします!
↓出来ればこちらも、押して下さい!

電話に出れない!ライン電話の着信画面が表示されないアンドロイドの問題を解決する

シモテンです

今回は「ライン電話の着信画面が表示されないAndroidスマホの問題を解決する」方法を紹介する

f:id:shimoten:20200914095155j:plain
 

最近、ライン電話が頻繁に使われるようになった

我が家の通信環境が悪いのか、あるいはシモテンのスマホの調子が悪いのか、ライン電話は通話が途切れたり、タイムラグを感じたりして現段階では個人的には使いにくいと感じている

 

しかし実は、一番の使いにくいと感じている原因は他にある

ライン電話が着信した時に、着信画面が表示されない状態になってしまっているのだ 

着信音は鳴っているのだが、着信画面が表示されないため応答することが出来ない

ライン電話の着信に応答するには、起動ボタンを押し、上方の小窓からラインアプリを立ち上げ、応答しなければならない状態だ

結果、ほぼ時間切れで応答することが出来ずに「不在着信」となる

 

着信画面を表示させる方法

今回、ようやく重い腰を上げて着信画面が表示されない問題を解決した

妻のiPhoneでは、この問題は起こっていない

シモテンの使用しているスマホ富士通の「arrows」Android

ライン電話の着信画面を表示させる手順は次の通りだ

 

①設定画面を開く

②アプリと通知をタップ

f:id:shimoten:20200914001254j:plain

③通知を開く

f:id:shimoten:20200914001110j:plain

④「LINE」をタップ

f:id:shimoten:20200914001639j:plain

⑤通話の表示から「通話」をタップ

f:id:shimoten:20200914001907j:plain

⑥「アラートを受け取る」をタップ

⑦さらに「ポップアップ」のボタンをON

f:id:shimoten:20200914002423j:plain
 

これでライン電話の着信時には、着信画面がポップアップされるようになり、着信時には応答することが出来るようになる

通信状況は変わらないと思うが、煩わしさからは解放されそうだ

↓ランキングに参加中。ポチクリ応援お願いします!
↓出来ればこちらも、押して下さい!

無資格でどこまで許される!?自分でやっちまう愛車のDIY整備に制約はあるのか?

DIYでの整備、修理に法的な制約はあるの?整備士資格が無くて大丈夫か

 シモテンです

今回は「DIYでの整備に制約はあるのか?無資格は違法か!?」を報告する

一体どの程度まで、自分で愛車を整備することが出来るのか

そこまで自分でやってしまって、果たして法に触れることはないのだろうか

この単純な疑問について調べてみた

f:id:shimoten:20200913121654j:plain

DIYにはありがたい

最近は電球交換等の簡単な作業から、エンジンの分解やオーバーホール等の複雑で難しい作業に至るまで、様々な整備方法が雑誌、解説本やネット上で公開されている

中にはプロの方々の整備動画もあり、納得や感心させられる

更に純正部品や、今まで個人では入手困難だった特殊工具、専用工具等までも購入することが可能になっている

休日に趣味程度でクルマいじりをする「サンデーメカニック」のように、DIYする人達にとっては非常にありがたい状況である

 

整備士免許

DIYで車いじりするのに、国家資格である整備士免許を持っていると格好いいし、理想的だと思う

しかし、すぐに誰でもが取得出来るようなものではないようだ

サンデーメカニックとして、本物の整備士とはどんなものなのか関心があったので、少し調べてみた

 

受験資格

自動車整備士になるには、当然のことながら試験に合格しなければならない

しかし試験を受ける前に、まず受験資格をクリアーしなければならないのだ

受験資格を得るには基本的に、以下のどちらかの条件が必要になる

1、自動車整備工場に勤務して、一年以上の実務経験を積み、その後実技試験と学科試験を受ける

2、実務経験免除、実技試験が免除される専門学校を卒業し、学科試験を受ける

つまり、全くの独学で頑張っても受験資格を得ることは出来ないのだ

 

免許取得で出来ること

整備士免許には、いくつかの段階がある

整備士試験で、最初に取得出来るのが整備士三級だ

三級で可能な作業は、エンジンオイル、ギアオイル交換、タイヤ交換、点検整備等の作業となっている

エンジンや足回りの分解整備の仕事は三級では出来ないので、更に整備士二級以上を目指すことになる

 

資格が無くても整備出来るのは

整備士免許が無くても整備の仕事として出来るのはタイヤ交換、ワイパー、電球交換等の機関以外に限られる

自分の車をDIYすることは出来るの

エンジンオイルの交換でさえ資格が必要なのが整備士の世界なのだ

では、自分の車のエンジンオイルの交換も無資格の自分では行えない、ということになるのだろうか?

 

実は、そうではないのだ

整備工場等で事業(仕事)として他人の車の整備、分解修理を行うには整備士の資格が必要なのだ

しかし、無資格であっても自分で自分の車を整備、修理すること、つまりDIYでの愛車整備は法的な制約や制限なく行うことが可能なのだ

勿論、可能だからといって違法改造をすることは許されない

また、その作業が原因で重大な事故が起きてしまえば、自分自身の責任になってしまう

自分の車を整備するのに法的な制約はない

なぜ、無資格でも愛車整備が出来るのか

面白い例えとして、料理に例えられている記事が参考になった

自分で食べる食事は自分で責任を持って作ることができるが、商売として他人に料理を提供するには調理師免許が必要であるということなのだ

つまり自分が所有する愛車を、自分が責任を持って、自分で整備することに問題はないということなのだ

しかし、ブレーキ等の機関系は命に関わる重要な部分で、安全性と責任を持って確実な整備が必要だ

少しでも不安があるならば、プロに再度のチェックをしてもらうか、整備を任せるべきでなのは言うまでもない

自分自身で手間をかけてDIYするこで、愛車に対する愛着が益々深くなるのだ

くれぐれも安全第一で、無理せずにDIYカーライフを楽しみたい

 

以下のページが非常に参考になります↓

https://www.zba.jp/car-kaitori/cont/column-20141210/

↓ランキングに参加中。ポチクリ応援お願いします!
↓出来ればこちらも、押して下さい!

まだまだ積める!ルーフボックスを自分で取り付ける

自分でやっちまえ!ルーフボックスの取り付け方法

 

シモテンです

今回は「ルーフボックスを自分で取り付ける方法」を紹介する

 

旅行やキャンプ、釣りなどを楽しむ時には、車に載せる荷物が増える事が多くなる

冬のスキーではウェアやブーツや板を積み込むと、乗車人数によっては荷室が小さなファミリーカーでは荷室に余裕がなくなる

そんな時に活躍するのが車の屋根上に取り付けるルーフボックス

特に濡れ物や汚れ物など車内に入れたくない物を積み込むにも便利だ

f:id:shimoten:20200910143033j:plain

ベースキャリアを取り付ける

ルーフボックスを取り付けるには、基礎になる「ベースキャリア」の装着が必要になる

ベースキャリアの装着には、車種別の専用のアタッチメントが必要だ

車種別になっているのでメーカーホームページや販売店等で確認、購入する

左右均等にシッカリと取り付けることが大事だ

f:id:shimoten:20180826003303j:plain

ルーフボックスを取り付ける

屋根に乗せる

しっかりとベースキャリヤを取り付けたら、ルーフボックスを取り付けていく

ルーフボックスの取り付けで一番大変なのがルーフボックスを屋根に乗せる作業なのだ

ボックスを一人でうまく持ち上げて乗せる事は、結構大変だ

ルーフボックスの種類にもよるが、本体の重量は20kg前後ある

おまけに、長くてバランスが取りにくいので屋根の上に持ち上げるには苦労するのだ

体を痛めてしまうことや、フラついて車体に接触して傷を付ける危険もありますので、出来れば二人以上での作業が望ましいだろう

f:id:shimoten:20180826004721p:plain

取付金具(クランプ)の取り付け

本体をベースキャリアに乗せたら、ルーフボックス底部に設置されている2本のレールに取付金具(クランプ)を通していく

f:id:shimoten:20180826004931j:plain

f:id:shimoten:20180826005053j:plainf:id:shimoten:20180826005316j:plain

レールの前後の開口部から締め付けネジ、取付クランプをはめ込んでベースバーの位置までスライドさせていく

ベースバーの部分は少し本体を持ち上げて通過させる

ルーフボックスの位置を決めて固定

ルールボックスの位置は走行時の抵抗や安定性、風きり音に影響してしまう

f:id:shimoten:20180826003017p:plain画像がピンボケ_| ̄|○

正面から見て真直ぐに、車体のなるべく中心(荷物が取り出せる範囲)に、後部がバックドアの開閉に支障の無い(当たらない)位置に決める

f:id:shimoten:20180826005556j:plainf:id:shimoten:20180826005628j:plain

位置が決まったら4箇所の取付クランプを、六角レンチを使って均等に締めこんでシッカリ固定する

狭くて工具を回しにくいが、万一外れてしまうと大きな事故につながってしまうので、くれぐれも締め忘れの無いように注意すること

↓ランキングに参加中。ポチクリ応援お願いします!
↓出来ればこちらも、押して下さい!